クルーになるには

 クルーになるためには、海技学校などに入学し航法や操船スキルを磨き、海技資格を取得して内航船員になるのが一般的ですが、海技資格がなく ても船員として働くことは可能です。当社は、資格がない方には時間をかけ、乗船業務において受検資格に必要なスキルを身につけ海技資格を取得していただく教育プログラムも用意しておりますのでご安心いただければと思います。

船員になるには:Wayto.pdf へのリンク
乗組員
内航船の乗組員は、船長(CAPTEN)が最高責任者となり3部で構成されています。
 甲板部  船舶を安全に運航(航海)する  
 機関部  エンジンの運転や、機関の保守管理を行う  
 司厨部  船員の健康面を配慮し、日々の食事のメニューを考え提供する
         
         
         
勤務形態
内航船の勤務は、一般的に3ケ月勤務(乗船)して1ケ月の休暇ですが、当社は原則2か月乗船の20日休暇のショートワーク制としております。
自宅から乗船・下船地までの交通費は当社が負担します。「通勤」がないので、採用時、居住地の制限がありません。船員というと一度乗船したら2か月後の下船予定日まで降りれないというイメージがございますが、当社の手配する国内航路は非常に短いコースがほとんどですので月間の着離桟が多く、一時的な上陸も頻繁にできますので安心して働いていただけます。
内航船とは
国内の港から港へ荷物を船舶で運ぶことを「内航海運」といい、運ぶ船を「内航船」といいます。
国内の貨物輸送の約4割を船舶で運んでおり、その8割が産業基礎資材(石油製品、鉄鋼、セメントなど)で日本の産業を支えている、とも言えます。輸送原単位当たりのCo2排出量が少なく、環境負荷の少ない物流のあり方として、トラックから内航海運や鉄道へ輸送モードの転換を図るモーダルシフトが推進されています。鋼材・機械等を運ぶ「一般貨物船」、石油製品を運ぶ「石油タンカー」、「LPG船」、「LNG船」、コンテナを運ぶ「コンテナ船」、「自動車専用船」、「セメント専用船」などがあります。